いつまでもアルバイト(または契約社員)のまま働いて不安をお感じではありませんか?将来の自分を思い描いてみてください…幸せな家庭を築くためには、しっかりと地に足のついた“正社員”としてお仕事をすべきです。当サイトをぜひご覧ください。

正社員が残業代が出ないのはフェアではない?

正社員は残業代が出ないということも珍しいものではなく、アルバイトは出るのになぜ正社員はでないのかフェアではないと感じる人もいるのではないでしょうか。
そのような場合やるべきことは、しっかりと残業代を請求するかあるいは職場をかえる以外のふたつしかありません。
注意が必要な点としては、すでにみなし残業代として給与に含まれているということもあるので、それを事前に承諾しているのであれば本人の責任となりますしルールの範囲であれば会社としてそのやり方は問題ありません。

問題があるのはそれにかこつけて、あらかじめ想定された以上の時間労働をさせたり、あるいは別途支払われるはずの深夜労働手当や休日出勤手当が支給されないということです。
しかし、現実的に今の日本社会では支払わなければならない賃金が支払われないということも少なくないので、不満を持ちながら働いているという人も少なくありませんが、働く側ができることはしっかりと未払いの分を請求するか、それができないなら支払ってくれる企業に転職をするしかないのです。
労働者は企業の奴隷ではありませんから、正当な権利があればそれを主張することができます。
実際は労働者の立場は弱いものですから、社内での立場が悪くなることを心配して主張することができないということもありますが、その選択をするのであれば残業代が支払われないことも受け入れなければなりません。
結局のところ残業代が支払われないのを認めるのは本人ということになってしまいますから、権利を主張しない以上は文句も言えないということになります。
会社側は何でもしてくれるわけではなく、人任せにはしていられないため不満があるのであればそれを主張しなければいけないのです。