いつまでもアルバイト(または契約社員)のまま働いて不安をお感じではありませんか?将来の自分を思い描いてみてください…幸せな家庭を築くためには、しっかりと地に足のついた“正社員”としてお仕事をすべきです。当サイトをぜひご覧ください。

アルバイトにはない正社員のメリット

アルバイトにはない最大の正社員のメリットが、余程のことが無ければ解雇されないということです。
一度、正社員として採用をされてしまえば本人がやめようとしなければ、余程普段の態度が悪いか問題を起こさない限り会社側は解雇をすることが出来ません。
日本は労働環境が劣悪だといわれていますが、労働者の権利に関しては非常に強いものがあって正社員になることさえ出来れば、仕事に困ることが無いというのがあるバイトには無い大きなメリットといえます。

そして、もうひとつのメリットとして福利厚生がしっかりとしていてボーナスも出るという点にあります。
アルバイトであっても福利厚生やボーナスが出る企業が無いというわけではありませんが、一般的にはこれらの待遇に関してはほぼないことが多く実質的に正社員のメリットといえるものとなります。
簡単に解雇されることが無く、福利厚生がしっかりしているので万が一病気で働くことができなくなってしまうようなことになっても、当面は生活に困ることが無く安定した暮らしを手に入れることができるのがアルバイトにはないメリットとなっています。

これは働く側としては大きなメリットとなりますが、逆に雇用をする側からすれば働いてくれるかどうかもわからない相手に対して、リスクを負って雇用をしなければならなくなってしまうことから企業側としては正社員を取りたがらず、アルバイトで済ませようとするのです。
今の時代安定というのは非常に大きな魅力のあるものですから、能力があって正規雇用をしてもらうことができるのであれば、正社員として働かない理由はなく、アルバイトに甘んじていないで積極的に雇ってもらえる場所を探しましょう。